kurabe recruit 2021

先輩インタビュー

画像:Shouta Uchiyama
04

トラブルが起きない、
起きても被害が最小限に留まるような
システム作りを日々模索しています。

2011年入社 新卒採用

SDセンター/品質保証部Shouta Uchiyama

現在の仕事について教えてください。

主に、海外子会社の品質保証体制の維持・改善を担当しています。
品質保証体制とは、製品設計や材料の受入から製品の生産・出荷といった全てのプロセスにおいて、お客様の要求にあった製品が確実に提供出来るシステムのことです。 クラベはベトナムに2ヵ所、中国に1ヵ所の生産工場があります。日本での業務の他に、年間5回程度の海外出張を実施して海外生産工場での業務にも当たります。現地では工程の作り込みだけではなく、トラブルが起きない、起きても被害が最小限に留まるようなシステム作りを日々模索しています。

画像:仕事風景

クラベを選んだ理由は何ですか?

クラベは海外にも生産工場があり、耐熱特殊電線やヒーター等の製品を多分野へ提供するメーカーです。言い換えると、多くの分野で需要がある高品質な製品を海外で生産して提供出来るメーカーです。
学生時代、将来は海外でも活躍するような職に就きたいとの思いがありました。また、製造メーカーで高品質なモノ作りに関わりたいとの思いがあり、私のニーズと一致する会社としてクラベを選びました。

画像:仕事風景

仕事のやりがいや苦労したことを
教えてください

システム作りは多くの部署に関わる仕事であり、関係部署と協同して対応する必要があります。その為にはまず、多くの人と現状の問題点を共有しなければなりません。
特に海外現地スタッフへ自分の考えを正確に伝え理解してもらうことは難しく苦労する点であり、また伝わって改善が進んだ時にやりがいを感じます。

画像:仕事風景

休日はどのように過ごしていますか?

休みの日は、ソフトボールやゴルフ等で体を動かすことが多いですね。また、旅行へ出掛けることもあります。もちろん、家の中でダラダラと寝て過ごす日も。
当たり前のことですが、休日の過ごし方は自由です。

画像:仕事風景

これからの課題や目標を教えてください。

各海外生産工場の品質保証体制を構築する上で、マザー工場に当たる日本からの支援は必要不可欠になります。支援と一括りに言っても、工程設計や材料調達等の様々な事項がありますが、共通して言えることとして、支援をするためには現状が把握出来なくてはなりません。
各海外生産工場とマザー工場の間がより緊密に繋がるように情報の整理整頓を進め、常に現状が把握し易いシステムを構築していきたいと思います。

画像:仕事風景
画像:メッセージを送る先輩社員

これから採用活動をしていく後輩にひとこと!

改善活動の基本的な考え方の一つに三現主義があります。机上だけでは正しい判断は出来ず、実際の「現場」へ足を運んで観察し、実際の「現物」を手に取り観察し、「現実」を確認した上で対応しなければならないという考え方です。
この考え方は、就職活動や他の活動でも同じことが言えると思います。自分の目で見て、耳で聞き、肌で感じたことを大切にしながら自分で考えて行動してみてください。

entry
PAGE
TOP