トップページ > 会社案内

会社案内

会社概要

社 名 株式会社 クラベ
創 業 昭和13年2月11日
設 立 昭和14年6月25日
株主資本 206億円
資 本 金 7億8千万円
従業員数 1,000名
決 算 年1回12月
年 商 265億円
取引銀行 みずほ銀行浜松支店
役員
代表取締役会長 金澤 保人
代表取締役社長 金澤 岳信
取締役 元川 肇
取締役 大石 徹
取締役 石山 友一
取締役 鈴木 聡
監査役 原田 彰夫
監査役 田畑 隆久
監査役 足立 庄平

ミ益

昭和13年2月 東京都蒲田区糀谷町2-660において、倉部電気製作所(敷地600u、工場250u)を設立。電気絶縁材料(主としてワニスチューブ)の製造及び販売を開始。
昭和14年6月 静岡県浜名郡篠原村篠原1231の新興電気製作所を併合、浜松工場と称す。
昭和21年3月 浜松工場に本社を移転。
同年5月 商号を倉部電気株式会社と変更。
昭和26年 篠原工場、通産省より日本工業規格表示許可工場の指定を受ける。
昭和35年 特殊電線製造に着手「バイゼル電線、ジイゲル電線」の商品名で、耐熱電線の販売を開始。
昭和37年 コード状発熱体の製造を開始し、我が国ではじめて冷蔵庫霜取り装置に採用される。
昭和40年 合成ゴム電線の製造に着手「クラウン電線」の商品名で難燃化EPDM電線の販売を開始。
昭和43年4月 近畿電線株式会社を吸収合併する。資本金を4,000万円に増資。
昭和45年4月 商号を株式会社クラベと変更。
同年 フッ素樹脂電線の製造に着手「フルボン電線」の商品名で販売を開始。
昭和47年7月 資本金を1億425万円に増資。
昭和48年1月 浜北工場建設第1期工事を完了し操業を開始。
同年7月 雄踏工場建設を完了し2次加工工場として操業を開始。
昭和50年1月 浜北工場、通産省より日本工業規格表示許可工場の指定を受ける。
昭和54年4月 浜北工場建設第2期工事を完了。
昭和56年6月 資本金を2億円に増資。
昭和56年 架橋ポリエチレン電線の製造に着手「イーグル電線」の商品名で販売を開始。
昭和59年3月 本社屋第1期工事を完了。本社を篠原工場より移転。
昭和60年6月 資本金を2億9,000万円に増資。
昭和60年10月 浜北工場建設第3期工事を完了。
昭和61年2月 「NEOジイゲル電線」の販売を開始。
昭和61年5月 サーミスタ素子を開発し温度センサとして販売を開始。
同年10月 高分子膜静電容量型湿度センサを開発。
昭和62年3月 PTCヒーターを開発。
同年6月 資本金を3億8,000万円に増資。
平成元年3月 「フルボン電線FRW」を開発し販売を開始。庄内工場建設第1期工事を完了し操業を開始。
同年10月 浜北工場事務所研究棟完成。
同年12月 資本金を4億9,900万円に増資。
平成4年1月 篠原工場事務所研究棟完成。浜北工場フルボン棟増築工事を完了。
平成5年2月 浜北工場X−1棟増築工事完了。
平成6年8月 都田工場建設第1期工事を完了し操業を開始。
平成7年3月 資本金を7億円に増資。
平成8年10月 浜北工場ワイヤー棟工事完了。
平成10年5月 ISO9001を取得(フルボン電線)。
平成12年12月 KURABE INDUSTRIAL (VIETNAM) CO.,LTD. 創業。
平成13年6月 ISO14001を取得(雄踏工場)。
同年9月 浜北工場イーグル棟工事完了。
平成14年11月 上海倉部電子有限公司設立。
同年12月 ISO9001を追加取得(篠原工場、浜北工場)。
平成15年3月 上海倉部貿易有限公司設立。
同年4月 倉部貿易(香港)有限公司設立。
同年12月 雄踏工場、庄内工場、都田工場でISO9001を追加取得。国内全生産拠点でISO9001を認証取得。
平成16年2月 上海倉部電子有限公司第1期本工場完成。
平成17年4月 浜北工場、庄内工場、都田工場でISO14001を追加取得。
平成18年7月 倉部貿易(香港)有限公司広州代表処開設。
同年9月 KURABE AMERICA CORPORATION開設。
平成24年3月 KURABE INDUSTRIAL BAC NINH CO.,LTD設立。
平成26年12月 資本金を7億8千万円に増資。